XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いは?初心者にオススメはどっち?

XMスタンダード口座マイクロ口座の記事の画像 XMの特徴
この記事は約6分で読めます。

海外FX口座の「XM」には口座が3タイプあります。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロ口座

この3つです。

今回は「これから新しくFXをはじめる」方や、「海外FXに興味がある」方向けに

スタンダード口座とマイクロ口座の違いについて解説します。

結論からいうと、マイクロ口座の方が少ない資金でトレードを始めることができますが、特に大きな違いはありません。

スタンダード口座でも十分に少ない資金でトレードできるからです。

そのため、このサイトでは新しく口座を開設するならスタンダード口座を推奨しています。

ゼロ口座はスタンダード口座やマイクロ口座とは異なる運用方法なので、別の記事で解説しています。

スタンダード口座とマイクロ口座の違い

スタンダード口座とマイクロ口座の違いを解説します。

1lotの通貨量が違う

1lotの通貨量の違い

スタンダード口座の1lot=10万通貨
マイクロ口座の1lot=1000通貨

取引の単位であるlot(ロット)はマイクロ口座だと1000通貨になります。

スタンダード口座や、他社FXは1lot=10万通貨であるのに対して、100分の1の量で取引可能です。

具体的にどのくらいの額になるかというと、1米ドル=140円(記事執筆時)、レバレッジ1000倍だとすると必要な証拠金は、

スタンダードの1lot=14,000円

マイクロの1lot=140円

となります。

詳しい計算はこちらのツールでできます。

XMTradingの証拠金計算機
XMTradingの証拠金計算機は、トレーダーの皆様がポジションをオープンしたりクローズしたりする際に必要な証拠金を計算する手助けをします。

最大lot数が違う

さらに、lot数を少なくすることでより高額、少額のトレードが可能です。

lot数はスタンダード口座は0.01lot~50lot

マイクロ口座は0.01lot~100lot

です。これを先ほどと同じ条件で証拠金にすると

スタンダード口座は1ポジション140円~700,000円

マイクロ口座は1ポジション1円~14,000円

(1米ドル=140円、レバレッジ1000倍)

こう見ると、スタンダード口座の方が対応の幅が広いことがわかります。

1ポジション14,000円以上はスタンダード口座でしか取引できません。

単純にマイクロ口座の最大100lot=スタンダード口座の1lotですから、それ以上数量を増やす場合はスタンダード口座を選ぶ必要があります。

また、1ポジション140円以下はマイクロ口座でしか対応できませんが、それほど少ない量で取引するのはあまり実用的ではありません。

スタンダード口座でも十分に少額取引をすることができます。

スプレッドは同じ

スプレッドはスタンダード口座とマイクロ口座で同じです。

取引量の多い少ないで変わることはありません。

ボーナスは同じ

ボーナスもスタンダード口座とマイクロ口座で同じです。

もちろん少額取引はボーナスの量が少なくなりますが、その割合は変わりません。

XMは豊富なボーナスが魅力なので、チェックしましょう!

XMのボーナスが凄い!?3種類のボーナスの特徴と受け取り方を徹底攻略!
...

スタンダード口座をオススメする理由

ここまでスタンダード口座とマイクロ口座の違いを解説しました。

その上で、このサイトでは「スタンダード口座」をオススメしています。

これから理由を詳しくお話していきます。

業界標準のlot

海外FXのlotは1lotあたり10万通貨が基本です。

国内FXだと1lotあたり1万通貨が多いので注意が必要です。

lotの単位が異なる場合は、lotに変換せずに通貨量で計算すると良いです。

XMのマイクロ口座は1lotあたり1000通貨ですが、これは国内でも海外でもあまり見られないため、計算がズレて混乱してしまうことがあります

その点スタンダード口座であれば他社と同じ10万通貨なので、計算ミスが減ります。

特に他のサイトを参考にしているときに計算を間違いやすいので、このミスが減るのは良いことです。

スムーズに本格化

マイクロ口座は本当に少額で海外FXを試すのに向いていますが、取引を本格化させるときには

結局スタンダード口座を作る必要があります。

となると最初からスタンダード口座を作っておけば本格的に取引量を増やす場合でもスムーズに移行できます。

デメリットといえば、少額取引で利益が出ていないのにも関わらず、数量を増やすことで損失を埋め合わそうとトレードできてしまうことぐらいです。

少額のトレードはスタンダード口座でもできますから、本格的に利益を考えるならスタンダード口座を選んでおけば間違いありません。

XMを信用できないならマイクロ口座もアリ

ここまで読んで、マイクロ口座を選ぶ理由がほとんどないと思った方も多いかもしれません。

しかし、XMを信用できないならマイクロ口座をオススメします。

スタンダード口座なら140円単位で取引できますが、無料でもらえるボーナスや、追証を不要にするゼロカットシステムなどが本当に存在するかどうか確かめたい方も多いと思います。

その場合、マイクロ口座で1円単位でトレードすれば、海外FXに対して不安に思っていてもスムーズにトレードできます。1円ですからリスクも最小です。

筆者はXMを現在も利用している現役トレーダーですし、自信を持ってオススメしていますが、自分で実際に口座を作って確かめる方が早いかもしれません。

→XMは詐欺?怪しい?噂の真実を徹底解説します

乗り換え、併用でもOK

もちろん、既にマイクロ口座を開設してしまった方も、スタンダード口座を新しく作って乗り換えたり、2つの口座を併用することもできます。

併用する場合は90日間取引がないと手数料がかかってしまうため注意が必要です。

ゼロ口座はスキャルピングでも微妙

ゼロ口座は、スプレッドが狭いスキャルピング用の口座タイプです。

しかし、取引ごとに手数料がかかり、最大レバレッジも500倍に制限されるため、あまりオススメはしていません。

なにより、入金の際にもらえる「入金ボーナス」やトレードごとにもらえる「XMPポイント」がもらえないのが最大のデメリットです。

→XMのZero口座はスキャルピングに向いてない?メリットとデメリットを現役トレーダーが解説

XMのスタンダード口座で海外FXをはじめよう

XMは日本でも人気NO.1の海外FX口座で、海外ならではの様々なメリットがあります

  • 追証なし(借金リスクなし)
  • レバレッジ最大1000倍
  • 口座開設で3000円のボーナス
  • 入金で最大50万円のボーナス
  • 取引ごとに最大20XMPのボーナス

このサイトでは口座開設の手順をわかりやすく解説しています。

404 NOT FOUND | XM徹底攻略
海外FX「XM」をどこよりもわかりやすく

 

 

XMで使える最強キャッシュバック「Taritali(タリタリ)」

「XM徹底攻略」推奨
Taritali(タリタリ)を利用すれば、XMでトレードするたびにキャッシュバックを受け取ることができます。
登録無料・出金簡単で全てのXMトレーダーにオススメのキャッシュバックサイトです。

XMの特徴
いつもシェアありがとうございます。
XM徹底攻略
タイトルとURLをコピーしました