XM徹底攻略へようこそ!

この記事は約7分で読めます。

「XM徹底攻略」の「ラス」です。

XM徹底攻略では、海外FX業者の「XM(エックスエム)」を、どこよりもわかりやすく解説しています。

当サイトの管理人「ラス」は、国内FX業者からXMに乗り換えて3年以上経つ現役トレーダーです。

この記事を見てくださるあなたに、XMの特徴や使い方などの情報をわかりやすく解説していきます。

ぜひ余すところなくご覧になってください。

XM(XMTrading)とは

まずはXMについて簡単な解説をしていきます。

人気No.1海外FX業者

XMは2022年時点で人気No.1海外FX業者です。その理由は検索数にあります。

上記の画像は、Googleでどれだけ検索されているかを、他の海外FX業者と比較したグラフです。

他の業者と比較して圧倒的な注目を集めていることがわかります。

これは日本での検索数のため、国内においてもXMの注目度の高さがうかがえます。

以上のことから、XMは海外FX業者の中でも人気が高い業者だといえます。

XM公式サイトで口座登録をする

国内FXとの比較

続いて国内FXとXMの何が違うかについて解説します。

国内FXになくてXMにあるものを3つご紹介します。

  • ゼロカットシステム(追証なし)
  • 入金ボーナス(最大約50万円分)
  • トレードボーナス(最大1lot約600円分)

それぞれがFXトレードを行う上で非常に強力なサービスです。

一方、XMには国内FXにないデメリットも存在します。代表的なものを2つご紹介します。

  • スプレッドが比較的高い(サービス維持のため)
  • 高所得者は税制上少し不利(雑所得としての扱い)

これらのデメリットはXMを利用する上で避けられませんが、後ほど攻略法をお知らせします。

総合して考えると国内FXより断然有利だと考えます。

理由は、国内FXにはないゼロカットシステムやボーナスなどのメリットが、デメリットを大きく上回るからです。

実際に当サイトの管理人もXMを利用するようになってから、国内FXを一切使わなくなりました。

XMにはそれだけ国内FXにはない大きな魅力があります。

→XMのボーナスが凄い!?3種類のボーナスの特徴と受け取り方を徹底攻略!

税金に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

→XMの税金対策・計算方法・節税・キャッシュバックには課税される?

XMの信頼性

XMは2022年8月現在、日本の金融庁の認可を受けていません。

それが理由で、XMの利用をためらう方も多いと思います。

しかし、XMトレーダーが処罰の対象になる可能性は極めて低いと考えます。

XMは海外に拠点を置いており、本社のあるセーシェルでは金融庁のライセンスを取得しています。

悪質な海外FX業者もある中で、XMは抜群の信頼性を誇っています。

日本の金融庁の見解についての詳しい解説は以下の記事が役に立つと思います。

→XM(XMTrading)でのトレードは違法?XMの金融ライセンスと金融庁の見解

他海外FX業者との比較

このサイトでは他の海外FX業者との比較もご紹介しますが、特にオススメしていません。

なぜかというと、他の海外FX業者をオススメしているサイトは、大半が自分が継続して使っていないアフィリエイトによって成り立っているからです。

このサイトはもちろんXMをオススメしていますが、それは管理人が実際に継続して使っている唯一の海外FX業者だからです。

とはいえ、他の海外FX業者に興味がありましたら、調べてみるのも良いと思います。

管理人もいくつも調べていましたが、結局XMにしました。トレーダーは時間が命なのです。

情報がたくさんあって信頼できる海外FX業者であれば、XMを選ぶことに何の問題もありません。

→XMのゼロカットシステムとは?メリット・デメリットを徹底解説!

【画像あり】XMの口座開設方法を完全解説

XMの口座開設の手順は以下の通りです。

XMリアル口座開設の手順
  • 個人情報の入力
  • 取引口座詳細の入力
  • 住所などの入力
  • レバレッジの設定
  • 投資家情報の入力
  • 口座パスワードの設定
  • メール認証を行う
  • 身分証明書、住所証明書を提出

まずはXM公式サイトの口座登録ページにジャンプします。

XM公式サイトの口座登録ページはこちら

個人情報の入力

最初に、個人情報を入力します。

海外の業者もきちんとチェックをしていますから、正確に入力するようにしましょう。

このページで入力する内容
  • 名前(ローマ字表記)
  • ミドルネーム(なければ空欄)
  • 苗字(ローマ字表記)
  • 居住国(日本ならJapan)
  • 希望言語(日本語)
  • コード(日本なら+81)
  • 電話(携帯OK)
  • Eメール(gmailOK)

ポイント

コードは住んでいる国を選択、電話はハイフンなし。
本名を入力します。ミドルネームはなければ空欄です。

取引口座詳細の入力

次に、取引口座詳細を入力します。

このページで入力する内容
  • 取引プラットフォームタイプ(MT4、MT5)
  • 口座タイプ(スタンダード口座、マイクロ口座、zero口座)

MT4とMT5は、XMの取引の際に使用するトレードソフトのことです。
国内FX業者のように、業者ごとにトレードソフトが分かれているわけではなく、海外FX業者は
ほとんどがMT4かその最新版であるMT5を使います。
自動売買ツールを使いたい方のみMT4を選択して、それ以外の方はMT5の方が様々な点でオススメです。
後から口座を追加してMT4とMT5両方作ることもできます(当サイト管理人は両方あります)。
口座タイプは特に理由がない限り、一番優秀な「スタンダード」を選びましょう。
マイクロ口座はより少額の運用、zero口座はスキャルピングで便利な口座になります。

住所などの入力

このページで入力する内容
  • 名前(カナ表記)
  • 苗字(カナ表記)
  • 生年月日(日、月、年)
  • 都道府県・市
  • 番地、部屋番号
  • 区町村・町名
  • 郵便番号
  • 米国の納税義務(米国市民のみ「はい」)

今度はカタカナで名前を入力します。

住所は後で提出する確認書類と同じものを入力します。漢字入力でOKです。

先に番地・部屋番号なので間違いのないようにしましょう。

米国市民でない方は「いいえ」を選択します。

レバレッジの設定(後から変更可)

取引口座詳細で、口座の基本通貨は「JPY(日本円)」を選択します。

レバレッジは初期設定で1000倍ですが、変更することができます。

口座開設後も変更できるので、自分に合ったレバレッジで運用しましょう。

最初は1000倍で問題ないです。

口座ボーナスとは、口座を開設した際に3000円のボーナスが受け取れるものです。

忘れず「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選んでください。

2つ目以降の口座でも「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選べますが、ボーナスを受け取ることはできません。

投資家情報の入力

XM投資家情報の画像

今度は投資家情報を入力していきます。必須入力となっていますが、数字に関しては大体で問題ないです。

口座パスワードの設定

XM口座パスワード設定の画像

最後に口座パスワードを設定します。

ニュースレターは取っておいて損はないです。もし必要なくなっても後から配信停止できるからです。

メールからページを開き登録完了

確認のメールがXMから送られてくるので、メール本文にあるリンクをクリックします。

10分ほど待つこともありますが、メールが届き次第登録を済ませましょう。

必要書類を提出してボーナスを受け取る

ここまできたらあと一歩です。

本人確認のための必要書類を提出して、晴れてボーナスを受け取ることができます。

身分証明書+住所証明書が必要です。

身分証明書(いずれか1つ)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
住所証明書(いずれか1つ)
  • 住民票の写し
  • クレジットカード請求書
  • 公共料金請求書

少し手間なのが住所証明書で、住民票の写しは区役所で数百円で発行してもらえます。

クレジットカードや公共料金の請求書を使用する場合は、6か月以内のものを提出します。

トレードスタートです。おつかれさまでした

以上がXMの口座開設の手順になります。

XMでのトレードに慣れてきたら、キャッシュバックサイトの「タリタリ」を使って新しい口座を作ることで、よりメリットを受け取ることができます。

海外FXをはじめるのがはじめての方も、そうでない方も、良いトレードができることを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました