XMの両建てはなぜ禁止に?国内FXとの違い、メリット・デメリット

XM両建ての記事の画像 XMの特徴
この記事は約8分で読めます。

こんにちは。「XM徹底攻略」の「ラス」です。

このサイトでは、海外FX業者の「XM(エックスエム)」についての様々な情報をわかりやすく解説しています。

今回は、「XMの両建てトレード」についての解説になります。

両建てとは、買いポジションと売りポジションの両方を持つこと」です。

このトレードは上手に使えば大きなメリットがあるのに対し、使い方を間違えれば大きな損失になります。

特に、海外FXをはじめて日が浅い方は、知らず知らずのうちに規約違反をしている可能性があります。規約違反で口座凍結されるおそれもあります。

最後までよく読んで両建てのメリットとデメリットについて知っておきましょう。

XMで禁止な両建て・OKな両建て

まずはXMで禁止されている両建てをご紹介します。

なぜ禁止されているトレードがあるのか

XMが一部の両建てを禁止している理由は、「ゼロカットシステム」にあります。

ゼロカットシステムとは、証拠金がマイナスになった際にマイナス分をゼロにするという海外FX業者だけの仕組みで、XMもこの仕組みを取り入れています。

マイナス分は、XMが補填しています。スプレッドがXMの利益となっているため、トレーダーによりよくトレードできるようにです。

トレーダーにとって非常に有用なゼロカットシステムですが、悪用されないように禁止されている両建てがいくつかあります。

禁止:別口座での両建て

XMでは、1人最大8口座まで同じアカウントで持つことができます。

この複数口座でのトレードで、禁止されているものがあります。それは、別口座での両建てです。

例えば同じ人が口座Aで買いポジションを持ち、口座Bで売りポジションを同じ通貨・時間・数量持つことは禁止されています。

これをすると、ゼロカットシステムが損失の方だけに働き、利益が出ている方は利益が出続けるからです。

そのため、複数口座での両建てはXMで禁止されています。

禁止:XMと異なる業者との両建て

複数口座での両建てが禁止であるように、XMと異なる業者との両建ても禁止されています。

例えば、XMで買いポジションを持ち、海外FX業者Bで売りポジションを同じ通貨・時間・数量持つことは規約違反です。

これは、海外FX業者でなくとも、国内FXでも同じです。

複数のFX業者を利用している方は、意図せず規約違反にならないように注意しましょう。

禁止:複数人での組織的な両建て

XMでは、口座名義がたとえ別の人であったとしても、組織的だと認められる場合は両建てが禁止されています。

例えば、自分は買いポジションを持ち、友人に売りポジションを同じ通貨・時間・数量持つことは規約違反です。

友人でなくとも、家族や知り合いと共謀している場合は規約違反となります。

もちろんたまたま反対のトレードをしている位であれば問題になりません。

禁止:特定通貨のリスク回避の複数口座両建て

複数口座の両建ては、同じ通貨、時間、ポジションでなければ、認められています。

しかし、複数口座の特定通貨のリスク回避の両建ては禁止されています。

例えばドル円の買いポジションを持っていて、ドルの暴落に対するリスク回避のために他の口座でユーロドルの売りポジションを持つことは規約違反となります。

同じ通貨でなくとも、ゼロカットシステムを悪用したトレードは認められていないため注意しましょう。

OK:指数発表を狙った両建て

XMでは、指数発表を狙ったリスク回避のための両建ては許可されています。

もちろん、同じ口座での両建てに限られます。

指数発表の際は相場が急変する可能性があり、そのリスクを回避するために両建てを行うことは問題ありません。

OK:結果的に両建てになるのはOK

同じ口座でもトレードによるボーナス目的で両建てすることは禁止されています。

しかし、XMでは自然にトレードをしていて結果的に両建てになるのはOKです。

相場トレンドに合わせたトレードスタイルの柔軟な対応や、利益を確定せず相場を様子見したいときなどで、両建てを使うのは禁止されていません。

XMの両建てはバレる?

異なる業者間で確認可能【バレる】

XMで異なる業者と両建てをしても、確認する方法はあるのでしょうか。

公式サイトを見ると、「FX業者間でお互いの取引履歴や顧客情報を確認することが可能」とあります。

つまり、規約違反の両建ては、他業者間であってもバレるということです。

他業者間での両建て取引も確認できる?

XMで採用しているMT4/MT5のように、共通の取引プラットフォームを利用している場合、FX業者間でお互いの取引履歴や顧客情報を確認することが可能です。そのため、XMの口座と他業者の口座間で両建て取引を行われた場合、XMはその取引履歴を容易に把握することができます。他のFX業者での取引だからばれることはないだろうと、禁止されている取引をしてしまうと、ペナルティが課せられることになりますのでご注意ください。

公式サイトより引用

つまり、規約違反の両建ては、他業者間であってもバレるということです。

口座凍結・利益取り消しの可能性

XMで規約違反をすると、口座凍結や利益取り消しの可能性があります。

口座凍結になると、出金拒否となり、出金することができなくなります。

悪用して得た利益も全て取り消しとなり、口座が使えなくなるため、禁止されている両建てをしないように気を付けましょう。

新たに口座開設もできない可能性【ブラックリスト】

口座凍結になっても、新しく口座を作ればいいじゃないかと思うかもしれませんが、ブラックリストに載った口座からの新規口座開設はできなくなります。

くれぐれも規約違反にならないようなトレードをしていきましょう。

XM両建てのメリット

ここで、XMで両建てをするメリットについて解説します。

証拠金維持率をコントロールできる

XMで両建てをする最大のメリットが、「証拠金維持率をコントロールできる」という点です。

通常、FXで両建てをする場合、買いと売り両方のポジションを持つため、片方だけの場合と比べて2倍の証拠金がかかります。

国内FX業者の中には、「両建てMAX方式」を採用しているものもあります。

両建てMAX方式:2ポジションの数量が大きい方の証拠金で計算する方式
どちらにせよ証拠金がかかる上、スプレッドが2倍になり、スワップポイントも相殺されるため推奨されていません。
しかし、XMは違います。
XMはなんと、買いポジションと売りポジションで証拠金を相殺することができます。

両建て取引を認めていますか?

はい、認めています。1つの取引口座でポジションを両建ていただけます。両建ては、同じ銘柄で「買い」と「売り」両方のポジションを同時に開いた場合に 成立します。

FX、ゴールドおよびシルバーを両建てする際、両建てポジションの必要証拠金はゼロであるため、証拠金維持率が100%未満でもポジションを建てることができます。

その他すべての銘柄を両建てする際、両建てポジションの必要証拠金は50%です。最終的な必要証拠金が口座の有効証拠金の合計以下となる場合にのみ、新規に両建てポジションを建てることが可能です。

-XM公式サイトより

つまり、同じ数量、同じ通貨であれば、ポジションを取ったときのレートに関係なく、必要証拠金がゼロになるということです。
これを駆使することで、証拠金維持率をコントロールすることができます。

証拠金を高く保てる

両建てによって証拠金維持率をコントロールすることで、損失を抑えることができます。

例えば買いポジションで含み損をしていたとき、売りポジションで両建てをすることで損失を止めることができます。

これをすることで普通の損切りにはないメリットが得られます。

それは、証拠金(口座残高)を高く保てるということです。

普通に損切りをすると証拠金が減り、新たにポジションを取ることが難しくなってしまいますが、

両建てであれば損失は消えないものの、そのままの証拠金でトレードを続けることができます。

ハイレバレッジと相性〇

XMは最大1000倍のハイレバレッジ(ハイレバ)でトレードをすることができます。

両建てはこのハイレバと相性が良く、効率良くトレードが可能です。

先ほどお話ししたように証拠金を高く保てるため、ハイレバでトレードをしやすいです。

他のFX業者では「悪手」と見られていた「両建て」が立派な戦略になるので、トレーダーの皆さんにはぜひ有効活用していただきたいと思います。

XMで両建てするデメリット・注意点

XMで両建てをするデメリットや注意点について解説します。

スワップポイントがかかり続ける

両建てトレードをすることで大きな利益を手にすることも可能ですが、損失を膨らませる可能性もあります。

XMは通貨ペアの金利差で得られるスワップポイントがマイナスになることが多いので、両建てするとその分毎日スワップポイントを支払う必要があります。

特に、長期で両建てをしているとそれだけ毎日スワップポイントがかかり続けます。

ポジションを解消しない限り利益が確定しないのと同じように、損失も確定しません。

普通に損切りするよりも損失が増えてしまわないように気を付けましょう。

スプレッドも2倍になる

XMで両建てする際に、スプレッドも2回支払う必要があるため、普段から両建てを行うのはあまりオススメではありません。

まとめ:両建てを使いこなし効率よくトレードしよう

ここまで、XMで禁止されている両建てや、メリット・デメリットについて解説しました。

禁止されているトレードは以下の通りです。

  • 別口座での両建て
  • 異なる業者との両建て
  • 複数人による組織的な両建て
  • 特定通貨のリスク回避の両建て

反対に、認められているトレードは以下の通りです。

  • 指数発表を狙った両建て
  • 結果的に両建てになること

禁止されている両建ては、口座凍結、出金拒否、利益取り消しなどの可能性があります。

しかし、それ以外の認められている両建てに関しては、トレーダーにとって有用だといえます。

両建てを使いこなして、XMで効率よくトレードしていきましょう。

XM公式サイトで口座登録をする

XMで使える最強キャッシュバック「Taritali(タリタリ)」

「XM徹底攻略」推奨
Taritali(タリタリ)を利用すれば、XMでトレードするたびにキャッシュバックを受け取ることができます。
登録無料・出金簡単で全てのXMトレーダーにオススメのキャッシュバックサイトです。

XMの特徴
いつもシェアありがとうございます。
XM徹底攻略
タイトルとURLをコピーしました